安定した電力供給

電力自由化の流れ

電力自由化は、2000年3月に電圧の大きな大規模工場やデパート/オフィスビルから始まり、段階的に進められてきました。そして2016年4月の電力小売全面自由化により、一般のご家庭まで自由に電力が供給されることになりました。

そもそも電力自由化とは?

これまで電力は、決められた地域の電力会社(東京電力、関西電力、中部電力等)によって、独占的に供給されてきました。その独占的な状態から、「電気の安定供給の確保」「電気料金の抑制」「電気利用の選択肢や、企業の事業機会の拡大」の3つを目的として電力自由化が実施されました。
これにより、地域の電力会社に加えて、さまざまな新電力会社が誕生し、自由に電力を販売できるようになりました。

電力会社を切り替えると、電気が不安定になったりしない?

「新電力会社に切り替えると、停電になったり、電力供給が不安定な状態になったりしないか不安」という声が多く聞かれますが、そんな心配は無用です。電気は従来の地域電力会社の送配電線網を通して、各ご家庭へ供給されます。どの電力会社を選択しても、同じ送配電線網から配電を受けるため、電気の品質・安定供給に差はなく、これまでと変わらない安定した電力が供給されます。

楽天でんきは楽天が調達・供給している電気を、現在と同じ送配電線を利用し電気を届けています。 停電など非常時のご案内

安心の楽天ブランド

どの電力会社でも安定電力供給に問題はなくなりましたが、小売電力自由化後、早くも新電力会社の淘汰・再編が見られます。楽天でんきは楽天グループの一員として、楽天グループのサービスと連携し、独自のキャンペーン等でお客様におトクに電気をご利用いただけるよう努めています。