印刷する

シェアリングエコノミー 楽天エナジーは、エネルギーを利用するお客さまにFocusしています。

時代の変遷で見えてきた
多消費モデルの終焉

これまでの日本は、経済成長を優先するあまり、需要に応じて際限なくモノを供給すればよい、サプライサイド主体のエネルギー多消費型の経済モデルとなっていました。
民間消費の推移と需要と供給

民間消費の推移と需要と供給

今だから必要とされる
シェアリングエコノミーモデル

少子高齢化と人口減少予測

少子高齢化と人口減少予測

一方、少子高齢化などさまざまな社会問題が表面化している現在、ITによりこれまでは不可能であった時間・空間を越えてニーズを繋ぐことで、遊休資産や既存設備などあらゆるモノをシェアしフル活用するようなシェアリングエコノミーが普及し始めています。 楽天エナジーは、シェアリングエコノミーの概念をエネルギーにも取り入れ、デマンドサイドとサプライサイドの最適なマッチングを目指しています。

多消費型の経済モデルと
デマンドサイド主体のシェアリングエコノミーモデル

多消費型の経済モデルとデマンドサイド主体のシェアリングエコノミーモデル

供給型から分散・共有型へ
シェアリングエコノミーで社会コストをマネジメント

楽天B2B2Cモデル(マーケットプレイス)とシェアリングエコノミー

楽天は創業当時より、全国各地の店舗さまをインターネットの仮想店舗でエンパワーメントし、買い物がしたいお客様をマッチングするマーケットプレイスを営業しており、 そのコンセプトはシェアリングエコノミーそのものといえます。
楽天B2B2Cモデル(マーケットプレイス)とシェアリングエコノミー

世界規模で高まるシェアリングエコノミーサービスへのニーズ

モバイルデバイスやIT技術の発展に伴い、シェアリングエコノミーの考え方をベースにしたサービスは世界でも注目を集めており、 デマンドサイド、サプライサイド双方に有益な画期的なサービスが増え続けています。

遊休資産・既存設備の有効活用

遊休資産・既存設備の有効活用

国内市場規模推計

国内市場規模推計

※移動手段、宿泊手段、介護、育児対応、クラウドソーシング等を加味して試算。

地域創生を担う 地域の農業や中小企業を
下支えするシェアリングエコノミー

世界で注目を集めているシェアリングエコノミーですが、実は日本の地方では以前からからあった概念といえます。 たとえば日本の農業は田畑で使用する水の管理や田植機や稲刈り機など、年に特定時期にしか使用しない稼働率の低い農機具などを複数の生産者で協働、シェアすることで生産性を高めてきました。

また過疎が進む地方でのIターンやUターンでの新規就労者に対して、技術やノウハウ、田畑や倉庫、空き家などを提供する自治体の取り組みも地域創生を担うシェアリングエコノミーサービスといえます。

地域の活用リソースの共有

地域の活用リソースの共有

シェアの概念で地域創生を担う サービス導入事例インタビュー
楽天エナジー導入事例 関谷醸造さま

電力の消費・設備投資を最適に
社会的課題のクリアに向けた
エネルギーのシェアリングエコノミー

部分供給 -社会コストを抑えながら、新規参入者を育て市場を活発化する取り組み

楽天エナジーのiシェアリングサービスでも採用している電力の部分供給は、エネルギーのシェアリングエコノミーといえます。 部分供給は基本的に、ベースとなる電力供給を地域の電力会社(一般電気事業者)が受け持ち、ピーク部分の供給を新規参入者である新電力会社が行うという、 電力の供給をシェアすることで市場を活発化しようとする意義のある取り組みです。

一般電気事業者の保有するベース電源を制度によって有効利用し、新電力が強みを活かせるピーク電源のみの調達に注力できることで、 過度な設備投資リスクを抑えながら、日本全体としても社会コストを抑えることが可能となり最適な電力マネジメントを受けた需要家もコストを削減できます。
部分供給イメージ

電源のシェア
電力資源の最大有効化を目指す

常日頃話題となる原子力やクリーンエネルギーの活用を含む日本の電源のあり方を考える上でもシェアリングエコノミーの概念は有効といえます。

電力自由化とIT技術を活用して、需要家と、電源の種類や価格、発電地域を基準に自分たちの利用したい最適な電力を、 より簡単にマッチングすることで、多様な考え方の基に日本全国に既にある電力資源の最大有効化という、社会的課題のクリアが見えてきます。

デマンドサイド サプライサイド

pagetop